保育士の人材紹介会社からの提案数を劇的にアップする方法とは?

採用

保育士を採用したいけど人材紹介会社からの提案が少ない。
保育園の採用担当者の皆さんからそのような悩みを良くご相談いただきます。

ダイレクトリクルーティングを普及させることで人材紹介依存型の保育業界に革命を起こす!

を合言葉として保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスきらぽんJOB」を運営する私ですが、以前は人材紹介事業の営業担当の経験と保育園の採用担当の双方の業務経験があります。
そのような経緯もあり、私は人材紹介会社を完全に否定している立場の人間ではありません。

一番の理由は求職者である保育士の集客力がどのチャネルよりも強いのは人材紹介会社だからです。

保育士の採用市場を短期的に考えた場合、しばらくは紹介会社からのチャネルも上手に活用しながら、平行して採用コストの安いチャネルを開拓していくことが必要であるからです。

今回は自身の実体験をもとに、人材紹介会社からの提案数を劇的にアップする為のポイントを解説していきます。

 

1.付き合う紹介会社を絞り込む

紹介会社からの提案数を増やすためにはまずは沢山の紹介会社と付き合うべき。

そう考える採用担当者の方が圧倒的に多いと思いますが、私の実体験を基にするとそれは間違った施策であると言えます。

都市圏では「保育○○」とか「○○ほいく」みたいなサービス名の営業電話が1日に数十件かかってきます。
採用担当者の方々は、その紹介会社から1名でも採用できれば・・という思いからどんどん求人依頼をしてしまいます。(実際何社に求人依頼を掛けているか把握されている方は少ないでしょう・・・。)

そんな皆さんにとっては意外な回答だと思いますが、もう一度言います。

求人依頼をしている紹介会社数を増やしても、紹介会社からの提案は増えません。

 

上図は当社が運営する認可・認証保育所「雲母保育園」の2019年度の紹介会社経由の保育士採用実績を集計したものです。
当社も保育士の採用ニーズが高いことから紹介会社への求人依頼数を増やしました。
しかし、振り返って集計してみると全体に占める上位5社からの採用実績の割合が約8割と圧倒的に多く、残りの紹介会社との実績比は明確です。
*採用実績の違いは、紹介会社からの人材提案数の違いと比例します。

また、安易に紹介会社に求人を渡し過ぎるとデメリットもあります。
インターネット上に自社園のコピー求人が沢山出回ることにもつながり、保育士からの直接応募の機会喪失にもつながってしまうのです。

以上の理由から求人依頼をする紹介会社の数は必要最低限に絞り込みを行いましょう。

【きらぽんJOB】資料ダウンロード

 

2.求職者担当への認知を拡大する

付き合う紹介会社を絞り込んだら、次は紹介会社の求職者担当に対しての自園の認知を深めていく作業が必要となります。

紹介会社に対して、単に求人票を送って「詳細はホームページを見ておいてください!」という求人依頼をしていませんか?

この対応だけでは紹介会社からの人材提案は量的にも質的にも向上しません。

保育園の求人が溢れかえっている昨今、紹介会社の求職者担当が自園の特徴・差別化ポイントなどに関してどこまで引き出しを持っているか?ということが勝負を分けます。

ここで重要なのは「求職者担当」に自園を知ってもらうことです。
紹介会社の体制にもよりますが、担当者が営業担当(RA)求職者担当(CA)に分かれている場合がありますので要注意です。
また、自園の展開エリアに複数の求職者担当が配置されている会社もあります。
自園をアピールするターゲットを明確にして上で下記のような方法で認知拡大を行ってみてください。

紹介会社への認知拡大の方法

  • 求職者担当に園まで足を運んでもらい、園見学・説明を行う。
  • 紹介会社に直接出向き、求職者担当を集めてもらい説明する。
  • Zoomなどのオンラインツールを使用し、求職者担当に説明する。

私の経験上効果が高いと思われる順に並べています。
やはり、園の現場を直接見学してもらい必要に応じて園長や保育士への質疑応答の時間を設けることで、求職者に訴求する際に必要な情報を持ち帰ってもらうのが一番です。

新型コロナウィルスの感染リスクが拭えない昨今ですので状況に応じてご判断いただきたい内容ではありますが・・

また、営業担当/求職者担当が分かれているケースの場合採用担当者と求職者担当が全く面識がないことが多いので、そのような意味でも上記のような園の説明・質疑応答会を実施する意義は大きいです。
当たり前の話ですが求職者担当も人間です。

採用担当者の顔を思い浮かべながら求職者に求人提案した方が臨場感が出て、結果として求職者の応募意思を獲得しやすくなります。

 

3.紹介会社への対応方法を見直す

最後にして最大の効果を生み出すポイントについて言及します。

紹介会社は営業マン。
営業マンが喜ぶ対応をしていけば、おのずと提案数はアップする。

当たり前と言えば当たり前ですが、採用担当者側でこの真理にたどり着ける方は意外と少ないと思っています。

私は紹介会社の営業に従事していた経験があるのでよく分かりますが、営業マンである以上は必ず数値的な予算を持っています。

予算がある以上は達成に向けて動いている訳なので、自分が数値形成をしやすい取引先に対して行動する比率が高まるのは必然です。

それでは具体的に紹介会社の営業が喜ぶ対応方法は何なのか?

答えは簡単、「3つのスピードをアップさせる!」ことです。

 

◎キャリアシートの選考スピードアップ

紹介会社からの求職者の提案はキャリアシート(略歴書)の送付から始まります。
採用担当者はキャリアシートを見て、その求職者と面接するか/見送るかを判断しますが、そのレスポンスを早くしましょう。

また、選考見送りの場合は見送り理由を紹介会社にしっかりとフィードバックすれば、提案段階の紹介会社のマッチングスキルがどんどん向上しますのでお勧めです。

◎面接日程の調整スピードアップ

面接に進める際、求職者と事業者側で面接日程の調整を行いますが、このプロセスもうまく進めないと日程調整にどんどん時間を要してしまいます。

面接日程の調整スピードを上げる為には、常に社内の面接担当者の面接可能スケジュールをグループウェアなどで共有しておき、空いているところで即時面接日時を確定させることができれば最短で設定できます。

紹介会社からの提案時、担当者が求職者の面接希望日時をヒアリングしていない場合もありますのでその際は、

提案段階で事前に求職者の面接可能日時を複数日ヒアリングしておけば、すぐに面接日時が確定できますのでお互い効率的ですよ!

と担当者を教育しましょう!

◎選考結果出しのスピードアップ

面接が終了してから選考結果を出すまでの期間は極力短くしましょう。

保育士獲得競争が激しい現在、目の前の求職者は平均して3社を併願しています。

そのような中で、せっかく欲しいと思った保育士に出会うことができたのに選考結果に1週間も掛かってしまうと他社にスピードで負けます

仮に自分が面接に行く側の立場になって考えてみましょう。

選考結果に時間が掛かる保育園

即日で「是非一緒に働きましょう!」と言ってくれる保育園

どちらがより熱意をもって迎え入れてくれそうだと感じますか?

また、紹介会社の担当者の立場になっても、もし併願先が他の紹介会社経由でセッティングされた企業であれば他社で決定してしまうと1円の売上にもなりません。
よって、少しでも決定率を高めるためにも選考結果を早く出してくれる企業に提案したいと考えるのはもっともなことです。

選考結果に関しても即日・遅くとも翌日には出せるようにする事をお勧めします

以上の3つのスピードアップを図ることで紹介会社は確実に喜んでくれるはずです。
試しに懇意にしている紹介会社の営業担当が居れば聞いてみてください!

【きらぽんJOB】資料ダウンロード

 

4.おわりに

保育士採用を考えるに当たり今主流のチャネルでもある人材紹介会社。

採用コストという観点で言えば首都圏で75万円~100万円の採用単価は決して安くはありませんが、紹介会社からの提案数をアップすることで短期的な職員不足の改善を図ることができるかもしれません。

今回の記事ではいかに紹介会社からの人材提案数を増やすか?というテーマで解説しましたが、昨今の保育士の採用コスト高騰の主要因となっているのは紹介会社の台頭であることは紛れもない事実です。

私が提唱しているダイレクトリクルーティングをはじめ、他の採用チャネルの確保の努力をしつつ紹介会社も上手に活用し、保育士の採用活動を成功させていきましょう。

 

5.きらぽんJOBについて

保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスきらぽんJOB」は、自社でも保育園を運営する株式会社モード・プランニング・ジャパンが2020年4月にリリース致しました。

<きらぽんJOBのメリット>

  • 初期費用・月額利用料0円*
    成果報酬プランで利用申込みいただいた場合)
  • 求人掲載無料代行!
  • 最短中1日で掲載開始!

<主要な機能>

  • 質の高い求職者を自動マッチングでお届け
  • スカウトメールでアピール
  • チャットで手軽にスピーディにやり取り
  • Web面接機能

保育事業者が考案した保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスとして2020年4月のリリース後通算350社の保育事業者様にご利用いただき、評価をいただいております。

まだ生まれたてのサービスではありますが、成果報酬プランであればリスクなく利用開始が可能です!

詳細はこちらから資料をダウンロードの上ご確認ください。

きらぽんJOBで保育業界の未来を明るくできるように、各事業者様からのご参画をお待ちしております。

宜しくお願い致します。

お問い合わせ先
株式会社モード・プランニング・ジャパン きらぽんJOB事業部
TEL:03-6847-5790
Mail:breg@kirapon-job.jp