保育所等におけるICT化推進とは?

保育園-ICT

国や自治体の補助金を使って、ICT化の検討を進めている保育園や計画の見直しを行いたい方向けに、保育園におけるICT化のメリットや導入における注意点をご説明します。

1. ICTとはいったい何?

ITは聞いたことがありますが、ICTはご存知ない方が多いかと思います。ICTとは何を指すのでしょうか。

ICTとは information and communications technology の略で、日本語では情報通信技術とも呼ばれます。インターネットやその先にあるシステムと個々のデバイスを通信により組み合わせた技術のことをいいます。

交通系ICカードのSuicaや、スマートフォンで銀行の送金・口座残高確認、ネットでのお買い物など、日常生活で活用した例が多く見られます。

 

2. 保育園におけるICT化推進の目的

保育士の労働環境の課題として、仕事量が多い、労働時間が長い が挙げられています。
また、保育の質の向上も重要な課題として挙げられていますが、現場では質を高める余裕を作るのが難しいのが現状です。

ICT化を進めれば次にあげるのメリットがあります。

  • 業務の効率化による残業時間の削減
  • 情報共有により保育の質の向上
  • 保護者に対して保育の見える化

これらのメリットを活用し、保育園の課題の解決を目指します。

 

3. 保育園のICT化の補助金

保育園のICT化は政府の推進しています。厚生労働省、経済産業省、各自治体より補助金があります。
補助金を利用する際は、対象施設と対象要件、補助金額が異なりますので、各自治体へお問い合わせいただくようにお願いします。

 

4. 保育園のICT化で活用できる業務

保育園向けICT業務支援システムやパソコン、タブレットの導入などにより業務の効率化が図れます。導入するシステムによって、使える機能や使い方が異なってきますが、主な機能と効果をご紹介していきます。

 

パソコンとプリンターの導入

事務作業の効率化

  行政に提出する書類や保育園のお便り、献立表の書類がきれいに簡単に作成できます。また、過去の資料をベースに書類を作成することで効率の改善も図ることが可能です。

 

保育園向けICT業務支援システム

園児管理

 園児毎に誕生日や年齢、アレルギー情報など基本的な情報や、健康状態やメモなどの日々の記録の管理が出来ます。
記録した情報はシステムに保存され、保育士間で情報共有が可能となります。

 

保育士の勤怠とシフト管理

  予め作成したシフトのテンプレートからシフトの作成。園児の登校予定日・時間を基に保育士の必要配置数を計算し、調整を行うことができます。
保育士の出退勤時間の記録し、勤怠状況や残業時間が自動計算されますので、保育士の労務管理を支援します。

 

登降園管理と欠席遅刻連絡

保育園の玄関に、ICカードやタッチパネルなどの打刻機を設置し、正確な時刻による打刻を行います。
打刻情報はシステムに記録されますので、効率的な集計が可能になります。

スマホアプリで登園・欠席・遅刻などの状況を保護者から連絡を受け取れるシステムもありますので、朝の忙しい登園時間帯での保育士の電話対応を少なくできます。

 

保護者とのコミュニケーション

  園児の体調、食事内容、園での様子、連絡事項など、保護者にアプリを通して伝えられます。紙による連絡と異なり、写真などつけて連絡も可能となります。

保護者に一斉に連絡することもできますので、保育園からのお知らせや、災害時の非常連絡を簡単に行えます。

 

カメラの設置

各教室にカメラを設置し、保護者に公開することで、安心してお預け頂けます。
常時録画を行うことをお勧めします。例えば園児が怪我をした場合に、保存された録画を確認することで原因が分かり、保護者への説明が容易になります。また、今後の事故対策にも利用できます。

玄関の外側にカメラを設置することで不審者対策としても有効です。

 

5. 保育園のICT化の注意点

① 慣れるまでに時間が掛かることも

保育士は、普段パソコンなどの機器を利用していない方も多いですので、入力に時間が掛かる方も多いのではないでしょうか。
対策として、入力が楽なシステムを選定する、入力機会を増やして慣れてもらう、研修を行うなどを導入前に検討する必要があります。
あるいは、一気にICT化を進めて保育士の業務を変えていくのではなく、時間をかけて徐々に導入することも有効な対策となります。

 

② IT機器の管理人材の不在

パソコン、ネットワーク、タブレットなどIT機器、メールなどのシステムに詳しい人材を保育園で確保することは厳しいではないでしょうか。
人材の確保を行う代わりに業者のサービスを組み合わせて代替することをお勧めします。

 

・保証期間延長サービスや追加保守サービスの加入

導入した機器は長く使うものですので、長期保証サービスの加入があればぜひご検討下さい。これらのサービスを加入した場合は、通常の保証よりも長い期間、PCでしたら5年程度、故障が発生した際に故障個所の特定、無料あるいは少額での修理対応を受けることが出来ます。

 

・導入した機器の一覧を整理

機器毎に機種名、購入日、保守期限日、製造会社、購入した販売店、サポート窓口の連絡先を整理して、EXCELなどの表にまとめておくと、故障した場合にすぐに問い合わせ先が分かりますので迅速な対応が可能となります。

 

・ITのサポート会社と契約

パソコンの基本操作や、Officeの使い方、機器のトラブルの初期対応などを園単位で安価にサポートする会社があります。不安があれば導入初期に契約して、保育士の操作に不安がなくなるまで続ける方法も考えられます。

 

③ 保護者のICT化の理解

保護者が利用できるアプリがある場合は、保護者に利用を促し、使ってもらう必要があります。

 

6. まとめ

本記事では、保育園向けICT業務支援システムを中心に、メリットと主な機能、導入に際しての注意点をご紹介しました。

自園に合う保育園向けICT業務支援システムを選び、ぜひ機能をフル活用して、保育士の労務環境の改善と質の向上を目指していきましょう!

 

7. きらぽんJOBについて

保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスきらぽんJOB」は、自社でも保育園を運営する株式会社モード・プランニング・ジャパンが2020年4月にリリース致しました。

<きらぽんJOBのメリット>

  • 初期費用・月額利用料0円*
    成果報酬プランで利用申込みいただいた場合)
  • 求人掲載無料代行!
  • 最短中1日で掲載開始!

<主要な機能>

  • 質の高い求職者を自動マッチングでお届け
  • スカウトメールでアピール
  • チャットで手軽にスピーディにやり取り
  • Web面接機能

保育事業者が考案した保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスとして2020年4月のリリース後通算350社の保育事業者様にご利用いただき、評価をいただいております。

まだ生まれたてのサービスではありますが、成果報酬プランであればリスクなく利用開始が可能です!

詳細はこちらから資料をダウンロードの上ご確認ください。

きらぽんJOBで保育業界の未来を明るくできるように、各事業者様からのご参画をお待ちしております。

宜しくお願い致します。

お問い合わせ先
株式会社モード・プランニング・ジャパン きらぽんJOB事業部
TEL:03-6847-5790
Mail:breg@kirapon-job.jp