新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言に直面する保育業界の採用に関わる実態調査

保育業界の採用実態調査採用

新型コロナウイルスにかかる緊急事態宣言の中、保育採用担当者として知らなければならない保育業界の採用実態・採用担当者の生の感想・採用トレンドなど様々な情報をお伝えします。

【はじめに】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令され、対象となっている保育園では宣言期間中の臨時休園や登園自粛を求める動きが広がっています。その一方、医療、交通、金融、社会福祉等の社会生活を維持する上で必要なサービスに従事していて、仕事を休むことが困難な保護者の方々に確実に保育を提供するために、原則開園となっている保育園もあります。

保育士が社会を支える存在として不可欠であることを改めて認識できた方々が多くいらっしゃると思います。
緊急実態宣言の中、保育業界の採用活動はどういう変化しているかと探求したく、きらぽんJOBは緊急アンケートを行い、採用担当者の声をじっくりお聞きしました。
アンケート結果に伴い、採用担当者の最新の生の感想を保育業界の皆様にご共有させていただきます。

=====================================================================
アンケート実施期間:2020年5月7日~12日
調査対象:保育関連の施設運営事業者(保育園・幼稚園・学童・放課後等デイサービス等
回答数:43事業者
アンケート内容:緊急事態宣言発令の状況下で採用はどのように実施されていますか?

=====================================================================

【調査結果①応募対応・面接を中断している事業者が30%】

「緊急事態宣言発令の状況下で採用面接はどのように実施されていますか?」という質問に対して、「現在応募者対応・面接を中断している」と答えたのは30%を占め13社です。

採用中断の事業者様に、採用中断の理由をお聞きしました。
「園にも求職者にも感染リスクを避けたいため、対面面接を控えるようにしている」
「先が見えなく新年度の採用計画が立たない」
「新型コロナ対策を最優先に対応していて、採用する余裕がない」

・・・と、それぞれです。

予想せぬ新型コロナウイルスの感染拡大により経営計画・採用予算を立てられないという状況で不安を抱えており、何をすればいいのか打開策が見いだせていない事業者様が多くいらっしゃるのが現状です。
一方で、既にWeb面接を導入するなど困難な状況下でも何とか採用活動を継続していこうと前向きな事業者様、「園での面接は求職者・職員双方に不安を与えてしまうので避けたいが、簡単にWeb面接ができるのであれば、採用活動を再開したい」と考えている事業者様からの声も聞くことが出来ました。

【調査結果②採用活動を継続している事業者の実態について】

緊急事態宣言発令の状況下採用継続している事業者様は68%でした。

内訳としては、

「従来通り、園にて実施している」・・・37%
「Web面接を実施している」・・・19%
「基本的には園で実施し、希望が有ればWeb面接を実施している」・・・12%

採用活動を継続している事業者の内、リスクを感じつつも従来通り園で面接を実施している事業者様が過半数であることが分かりました。
園内で面接を行う際は感染リスク減少のため、「面接に来園の求職者様にマスクの着用と手先の消毒をお願いしている」「通常より広い部屋で距離を取って面接を行う」という対策を強化しているということです。

また、園内で面接を実施している採用担当者様に「Web面接について利用してみたいと考えていらっしゃいますか?」とお聞きした際に、
「既に検討している」、「導入したいがやり方がわからない」、「Web面接ツールが沢山ありすぎて、何かいいかわからない」といった回答をいただきました。
Web面接を実施する際は「ツールの選定>操作方法・ノウハウの習得>実施テスト>実施」と、運用開始までの初期段階で工数が掛かることから、一歩踏み出すことがなかなかできない事業者様も多いことが分かりました。

【調査結果③利用しているWeb面接ツールについて】

「Web面接を実施する際に利用しているツールを教えてください」という質問に対しては、Zoomを利用している事業者数が5割強、そのほか、Skype、LINE、スマートフォンのTV通話機能、シスコを利用している事業者を合わせて5割弱という結果となりました。

<Web面接を実施してみての感想>

「非対面コミュニケーションでお互いに慣れるかどうかという不安があるが、Web面接では感染リスクがなくなり、安心して面接を進めることができる利点もある」

「面接用のスペースを確保する必要がなく、応募者への事務的な対応が少なくなり、採用に関わる工数を減らすことができている」

「保育業界の採用は書類応募、園内見学、対面面接といった流れで採用してきたが、これから面接手法がさらに変わっていくと思う。面接の形が変わっても求職者の顔を見ながら、じっくり話すことは変わっておらず、オンラインでもお互いに意思疎通できることが大切」

Web面接のメリットを感じた事業者様が多くいらっしゃいました。一方で、負担を感じた事業者様もありました。

「応募対応は採用サイト、日程調整は電話/メール、書類受領はメール/FAX、面接日当日はWeb面接ツールというように、一人の求職者の対応に使用するツールが必然的に多くなり、採用業務が複雑化した」
という意見もいただきました。

【きらぽんJOBのWeb面接機能について】

昨年10月1日にリリースした保育領域特化のダイレクトリクルーティング型のWebサービスきらぽんJOBでは、先行きが不透明な情勢の中で採用担当者様の負担を減らすことを目指して、無料でお使いいただけるWeb面接機能ツールを
2020年6月初旬リリースに向けて準備を進めています。

<きらぽんJOBの特徴>
(詳細はこちらから資料をダウンロードできます)

〇質の高い求職者を直接お届け
経歴や取得資格、アピールポイントなどの条件で求職者を検索。求人情報にあった求職者を見つけることができます。

〇スカウトメールでアピール
欲しい求職者にはスカウトメッセージを送りましょう。応募率がアップします。

〇チャットで手軽にスピーディにやり取り
チャット機能を用いることで、応募以降の求職者とのやり取りがより手軽でスピーディに。

〇初期費用無料、求人掲載無料代行
参照可能な求人票をお送りいただければ、求人掲載作業は当社にて無料で代行致します。

<Web面接機能について(予定)>
〇利用料無料、回数制限もなし
きらぽんJOBに求人を掲載いただいている企業会員様向けに無償で提供いたします。

〇ワンクリックで面接日時の予約が可能
きらぽんJOBと外部のWeb面接ツールが連携していますので、管理画面内で面接日時を指定してワンクリックで予約が可能です。

〇面倒なインストール作業不要
企業・求職者双方ともに、発行されたURLにPC・タブレット・スマートフォンでアクセスするだけのカンタン設計!誰でも3分で利用開始可能です。

〇リマインドメール自動送信
面接予約日当日にリマインドメールを自動送信しますので、面接の実施率も高いツールとなっております。

〇履歴書等の書類をファイル添付可能
きらぽんJOBの管理画面内のチャット機能を使用すればファイルの送付も可能となっておりますので、書類郵送のやり取りの手間を軽減できます。Web面接機能を実装することによって【応募→履歴書受領→日程調整→面接実施→結果通知】といった一連の採用業務全てがきらぽんJOB内で完了できます。

Web面接機能のリリース時期が決まりましたら改めて皆様にお知らせいたします。きらぽんJOBでは、引き続き保育事業者様の採用活動に貢献していくことができるよう、き現場の皆様に寄り添って、情報提供しながらサポートして参ります。

【最後に】

新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、保育関連の事業者様はもちろんのこと、日々医療の最前線で患者さんの治療に尽力されている医療従事者の皆様や、社会インフラを維持する皆様に、心から敬意を表するとともに、深く感謝を申し上げます。新型コロナウイルス感染拡大が1日でも早く収束することを願っております。

**********************************************
<お問い合わせ> 株式会社モード・プランニング・ジャパン
きらぽんJOBサポートセンター
TEL:03-6847-5790
FAX:03-6847-5859
E‐mail: breg@kirapon-job.jp
**********************************************