保育士採用の主力チャネル「人材紹介会社」とは?

採用

待機児童の解消を目指し、保育関連施設の新規開園ラッシュが続く中、現在都市圏を中心に保育士不足が深刻な問題となっています。(直近2020年4月時点の保育士の有効求人倍率は2.45倍となっており、全職種平均の1.23倍を大きく上回っています)

自治体の定める配置基準を超える人員配置が出来ない保育園は認可取り消し・閉園となる可能性もありますし、人手が不足した状態では子ども達の安全面をはじめ保育の質の低下というリスクもあります。

現在保育園を運営する事業者の一番の悩みは「保育士採用」と言えるでしょう。

そのような中で、保育士の採用を支援する人材紹介会社の新規参入が相次いでおり存在感を増しています。

今回のブログでは現在保育士採用の主力チャネルと言ってもいい人材紹介会社について、その特徴と利用する際の注意点などについて解説致します。

 

1.そもそも人材紹介って何?

今回の記事では一般的になじみが深い「人材紹介」という用語で解説しますが、
人材紹介会社の正式名称は「有料職業紹介事業者」といいます。
いわゆる国の労働力の需給調整システムの一環となっている事業で、根拠となっているのは職業安定法です。
1999年に職業安定法が改正され、一部の職種を除き民間の有料職業紹介事業が自由化されて厚生労働大臣の許可制となりました。

本格的に市場が形成されてまだ20年ちょっとの人材紹介ですが、現在保育士だけでなく一般企業も含めた広い職種領域の採用チャネルとして広く普及しているサービスです。

また、職業紹介とは職業安定法(以下「法」という。)第4条第1項において、「①求人及び②求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における③雇用関係の成立を④あっせんすることをいう。」と定義されています。
参照:「有料職業紹介事業 – 厚生労働省

有料職業紹介 (人材紹介)  とは?

 

日頃なんとなーく求人依頼をしている紹介会社ですが、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣から許可を受けている=有料職業紹介許可番号を持っていないと違法なビジネスとなりますので、新規で取引する紹介会社の選定の際には念のため注意が必要です。
*多くの会社がホームページ内の会社概要部分に有料職業紹介許可番号を表示しています。

【きらぽんJOB】資料ダウンロード

 

2.人材紹介の手数料について

人材紹介の料金発生イメージ

 

人材紹介を新規で利用検討する際に分かりづらいのが「いつ・どのように費用が発生するのか?」ということと「いくらくらいの費用がかかるのか?」ということです。

上図で説明していますが、まず人材紹介は「成功報酬制」となっています。
採用活動のプロセスを考えると求人の依頼からスタートして内定・承諾のプロセスまでが一区切りとなりますがこの間一切の料金は発生しません

紹介会社の立場からすると、内定承諾になってから無事に入社日を迎えるまでは実は若干ドキドキしているものです。(入社日時点で売上計上となりますので)

また、手数料の相場は職種によってまちまちではありますが一般企業のサラリーマンの場合は採用決定者の年収の30%が平均的です。

保育士の場合は5年前くらいまでは年収の20%が相場でしたが年々手数料は高くなっており都市圏の手数料相場は25%~30%です。

採用する保育士の年収を300万と仮定すると、手数料は75万円~90万円が1名辺りの採用単価になります。

 

3.人材紹介の市場規模について

令和2年3月31日に厚生労働省より発表された「平成30年度職業紹介事業報告書の集計結果(速報)」を参照し、有料職業紹介市場の数値的な規模を下図の通りまとめてみました。

有料職業紹介の市場規模 (令和2年3月31日 厚生労働省発表)

 

図内に表記している通り、有料職業紹介の市場規模は5,418億円となっており昨年対比20%以上というハイペースで伸長しているマーケットです。

この内、主要な医療福祉従事者の人材紹介に関しての手数料の伸長率を調べてみました。

 

なんと・・H26年からH30年までの5年間で保育士の人材紹介市場規模は一気に100億円を超えています。
5年間での伸長率8倍以上と、有料職業紹介全体の伸長率を大幅に上回る急速な伸びであることが分かります。
この急拡大の背景にあるのは、「紹介会社の新規参入増」と「求職者の紹介会社利用数増」の2つの事象です。

以上のように、人材紹介の市場は日本において歴史は浅いものの毎年拡大しており、中でも保育士の人材紹介サービスは急速に拡がっていることが分かりました。

 

4.紹介会社利用時の注意点

求職者の集客力が強く採用担当者にとっては有力なチャネルと言える紹介会社ですが、利用するにあたって気を付けるべきポイントがあります。
保育士の採用担当者として2年半従事していた私の実体験をもとに解説していきます。

参考までに、紹介会社から人材提案がなかなか来なくてお困りの場合は下記の記事を参考にしてみてください。

育士の紹介会社からの人材提案数を劇的にアップする方法とは?

 

・短期退職時の返金規定を確認する

折角採用ができた保育士ですが、残念ながら様々な理由のミスマッチが要因で短期退職してしまうケースがあります。
多くの紹介会社が、入社後短期退職に至った際は働いた期間に応じて手数料を返金する規定が存在します。
短いところで入社後1ヶ月間、長いところで入社後6ヶ月間と、補償期間も紹介会社によってまちまちですので求人依頼をする際には「成功報酬の手数料率」と「返金規定」については必ず確認をするようにしてください。

【きらぽんJOB】資料ダウンロード

 

・保育士採用/負のスパイラル

紹介会社を利用すると、採用担当者は楽になります
求人依頼をすれば後は採用決定まで無料で紹介会社の担当者が動いてくれる訳ですから、一見非常に便利ですよね。

しかし、現在の保育業界は正に紹介会社依存症に陥っていると私は考えています。

一番の問題は採用コストが高騰していることです。

易きに流れて紹介会社からの保育士採用数が増えると、その分採用費はどんどん膨らんでいきます
ご存知の通り保育園はもともと収益性が高いビジネスではありませんので、採用費は限られた原資から捻出することになります。
採用に多額のお金が回ってしまうと、本来投資すべき保育環境の整備設備メンテナンス、今居る職員への福利厚生に回す資金が枯渇してしまいます。
そうなると、職員の不満が募り離職のリスクが出てきます。

そして、離職してしまった職員の穴埋め採用もまた紹介会社を利用するしかない。

「紹介会社の利用」→「採用コストの高騰」→「既存職員の離職」→「紹介会社採用」→以後繰り返し・・・保育士採用/負のスパイラルの出来上がりです。

 

・複数の採用チャネルを併用する

負のスパイラルに陥らない為には、時間が無くて大変な中でも複数の採用チャネルを併用して最終的な採用単価を低減することを目指しましょう。

中でも私が最も注目しているのは「ダイレクトリクルーティング」です。
ダイレクトリクルーティングとは、紹介会社を経由せず求職者を採用担当者が直接採用するという意味ですが、様々な採用手法があります。

ダイレクトリクルーティングの例

 

いずれの手法も紹介会社を利用するよりは手間は掛かりますが、採用につながった際のコストは安くなります。
紹介会社とダイレクトリクルーティングを併用することで最終的な採用単価を抑える努力をすることを、全ての採用担当の皆様にお勧めします。

 

5.おわりに

来年度4月に向けて保育士採用にラストスパートを掛けたい!
そのような思いで人材紹介会社の利用を考える採用担当者の方も多いと思います。

しかし、そもそも人材紹介の成り立ちや料金体系・市場規模などをしっかり理解し、紹介会社依存型の採用スタイルになってしまうことのリスクに関してもしっかりと押さえた上で有効に利用していただきたいと考え今回のブログにて解説しました。

ダイレクトリクルーティングをはじめとした他の採用チャネルも併用しながら、人材紹介という集客力の強いチャネルを利用していきましょう。

保育業界の採用がもっと良い方向に進むように、今後も様々なテーマで情報発信していきたいと思います。

 

6.きらぽんJOBについて

保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスきらぽんJOB」は、自社でも保育園を運営する株式会社モード・プランニング・ジャパンが2020年4月にリリース致しました。

<きらぽんJOBのメリット>

  • 初期費用・月額利用料0円*
    成果報酬プランで利用申込みいただいた場合)
  • 求人掲載無料代行!
  • 最短中1日で掲載開始!

<主要な機能>

  • 質の高い求職者を自動マッチングでお届け
  • スカウトメールでアピール
  • チャットで手軽にスピーディにやり取り
  • Web面接機能

保育事業者が考案した保育業界専門のダイレクトリクルーティングサービスとして2020年4月のリリース後通算350社の保育事業者様にご利用いただき、評価をいただいております。

まだ生まれたてのサービスではありますが、成果報酬プランであればリスクなく利用開始が可能です!

詳細はこちらから資料をダウンロードの上ご確認ください。

きらぽんJOBで保育業界の未来を明るくできるように、各事業者様からのご参画をお待ちしております。

宜しくお願い致します。

お問い合わせ先
株式会社モード・プランニング・ジャパン きらぽんJOB事業部
TEL:03-6847-5790
Mail:breg@kirapon-job.jp